カードローンの使途について

女性買い物

ローンには使途というのがあります。使途は借りたお金を何に使えるかを決めたものです。たとえば、住宅ローンなら住宅の購入、自動車ローンなら自動車の購入が使途になります。金融機関が使途として定めた目的以外には、借入金を使うことができません。

 

カードローンの場合は、使途は自由になっています。ですから、カードローンのお金を生活費に使うこともできれば、旅行費用、医療費、教育費、冠婚葬祭費用、友人へのプレゼント、事業性資金など何にでも使うことができます。

 

ただし、銀行カードローンの場合は、事業性資金には使えないことになっています。消費者金融の場合は、個人事業主も生活費や事業性資金として使うことができます。学生ローンの場合は、使途は学費ですが、学費以外にもアパート代や旅行費用、交際費にも使える場合もあります。学費で借りると金利は優遇されることが多いです。

 

このように、カードローンの使途は広いので大変使い勝手がいいです。ただし、多目的ローンのように、使途を証明する書類の提出が必要なローンに比べると金利は高くなっています。専業主婦も借りられる消費者金融のレディースローンもフリーローンと目的別ローンがありますが、目的別ローンは年率14.95%〜16.95%に対してフリーローンは年率17.95%などというふうにフリーローンは金利が高くなります。ですから、出産費用だけとか、資格取得費用だけとか明確に目的が決まっている場合は、フリーローンよりも目的別ローンを利用するのがいいですね。