カードローンの返済ができなくなったら

カードローンの契約ができれば、お金を借りるのは簡単です。コンビニや金融機関のATMに行ってローンカードですぐにお金を借りることができます。また、ネット銀行なら24時間いつでもお金を自分の口座に振り込んでもらうことができます。また、電話一本ですぐにお金を振り込んでもらえる場合もありますね。このように手軽に借りられるのはカードローンの魅力でもありますが、これがデメリットになる場合もあります。すぐにお金が手に入るので、ついつ借りすぎて、返済に追われ、最終的に返せなくなるということもあります。そうなってしまったらどうしたらいいでしょうか?

 

お金ない

まず、その月の返済ができないとわかったら、すぐにお金を借りれている金融機関に連絡して相談することです。返済に関して融通を利かせてもらえる場合もあります。そうでなくても、連絡を入れれば全く連絡しないで放置するより心象はいいでしょう。

 

返済が滞ると翌月から督促状が届くようになります。これをずっと無視していると、給料の差し押さえなどの処置を取られることがあるので、当分返済は無理だと思ったら、任意整理の手続きをするのがベストです。任意整理は、債権者に交渉して返済額や返済期間を調整してもらうことですが、個人で交渉するのは大変なので普通は弁護士に依頼して行います。過払い金請求も任意整理で行います。

 

そのほかには、個人再生という方法もあります。個人再生は、裁判所を通して債務を減らしてもらうための手続きです。裁判所に再生計画を提出しますが、これが認可されれば、原則として債務が5分の1に減額され、減額された債務を、3〜5年で支払います。

 

もっとも一番大切なのは、借りる前によく考えるということです。本当に借りる必要があるお金なのか、返済可能な額なのかよく考えましょう。また、専業主婦の場合、自分に収入がなく借り入れが難しくなっているので、闇金などと関係してしまうケースが多くなります。お金のことで困っていても夫には相談できないという人もいますが、一人で悩んでいないで、ご主人や家族に相談してください。悪徳貸金業者と関係してしまったら、結局、ご主人や家族に多大な迷惑をかけることになりますよ。