ブラックでも借りられる?

悩む女性

お金を借りたいと思ってネットで検索していると、「ブラックOK」とう広告を目にすることがあります。この「ブラック」って何なんでしょうか?

 

この場合の「ブラック」といのは「ブラックリストに載っている人」ということです。ブラックリストというのは実際に存在するリストではありませんが、過去に債務整理をしているとか、自己破産しているなどの事故情報が信用情報機関に載っている状態を「ブラックリストに載っている」といいます。

 

キャッシングの申し込みをすると審査がありますが、この審査の過程で貸金業者や銀行は、信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。信用情報の中には氏名、住所、職業などの他に今までのクレジットやキャッシングの利用状況が登録されています。債務整理や自己破産、延滞の記録などは5年間保存されます。ですから、その間はキャッシングの申し込みをしても審査に通りません。

 

「ブラックOK」というのはこのような事故情報があっても、貸しますよという意味ですが、正規の業者はそのような宣伝文句を使うことはありませんので、近づかないのが最善です。特に、どこからもお金を借りられなくなった主婦や多重債務者をカモにしている闇金もあるので注意が必要です。

 

また、「申し込みブラック」というのもあって、これは短期間に複数の金融機関に申し込みをしている人のことです。金融機関からすると、短期間に次々と申し込みをするならよほどお金に困っている人だということで警戒します。また、ほかの複数の業者で審査に落ちていれば、やはり貸そうという気にはなりませんね。ちなみに申し込みをした記録は6ヶ月間信用情報機関に残ります。また、一度に3件以上の申し込みをするのもやめたほうがいいですね。2件なら問題ないようです。